忍者ブログ
2018.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
組合関係のコンテンツです。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/05 健吾]
[10/14 しん]
[10/13 メガ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しん
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ほもねたハンター。

http://www.pixiv.net/member.php?id=1135970
PIXIVでマンガ描いたりしてます。よかったらご覧下さい。
twitter
http://twitter.com/Shin_Bikkemberg




    follow me on Twitter


    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    アクセス解析
    2018年11月20日 (Tue)
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    2009年10月03日 (Sat)
    「ウホッ」となる作品を並べます。
    どこらへんに「グッ」とくるかがメインなので、情報の正確性はご容赦下さい。

    第一回はオーギュスト・ロダンです。

    『考える人』でおなじみのロダン。
    考える人
    いい筋肉。
    個人的に筋肉は好きじゃないんですが、それでもステキに映ります。

    ロダンは他の作品もいい筋肉のブロンズ像が多いです。ブロンズなので、暗いトーンでテカテカです。明暗のコントラストが大きくなるので、なおさら筋肉が映えます。

    これなんかも、好みではないですが美的です。筋肉がキレイ。


    ハンサムさんもいます。

    一体モノだけではなくて、ロダンには群像も多いです。そして群像の構図が「どてらい」です。


    『接吻』
    男女ものなんですが、ここまで劇的な接吻だと見入ってしまいます。


    『カレーの市民』各人の感情表現がやり過ぎっていうくらいでグッときます。

    ちなみに、ロダンはこんな人。

    作者自身にもグッときます。

    なので、ウホッ的なロダン鑑賞ポイントは
    ・いい筋肉
    ・てかり
    ・どてらい構図と感情表現
    ・作者萌
    あたりかと存じます。

    国立西洋美術館他、結構いろんなところで見ることができますので是非生でご観覧下さい。

    拍手

    PR
    この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ←No.9No.6No.5No.4No.3No.2No.1