忍者ブログ
2018.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
組合関係のコンテンツです。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/05 健吾]
[10/14 しん]
[10/13 メガ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しん
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ほもねたハンター。

http://www.pixiv.net/member.php?id=1135970
PIXIVでマンガ描いたりしてます。よかったらご覧下さい。
twitter
http://twitter.com/Shin_Bikkemberg




    follow me on Twitter


    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    アクセス解析
    2018年08月17日 (Fri)
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    2009年10月03日 (Sat)
    「ウホッ」となる作品を並べます。
    どこらへんに「グッ」とくるかがメインなので、情報の正確性はご容赦下さい。

    今回はグスタフ・ヴィーゲラン(Gustav Vigeland、 1869~1943)。ノルウェーの彫刻家です。


    丸みを帯びた人体がとてもいいです。

    なんか不思議な感じもしますが、特にはっきりとした寓意とかはないようです。


    子供を持ち上げて…



    がおー


    前に紹介したロダンとは逆に、素朴で親しみが持てるところがいいと思います。

    ただ、国内ではあまり生で見られるところがないみたいです。
    札幌芸術の森で見て興味をもったのですが、どうも他で国内に見当たらないみたいで残念。

    札幌でみたのはこの像。
    がっしり、どっしり。体の丸み具合が絶妙。

    札幌芸術の森には、この他何体かグスタフ作品が野外展示されています。
    いいところなので機会があれば是非。

    冬季でも、かんじきを貸出してるので鑑賞できます。

    拍手

    PR
    この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    メールアドレス
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ←No.12No.11No.10No.9No.6No.5No.4No.3No.2No.1